MENU

保湿スキンケアを考えたクレンジングの正しい方法とは

しっかりクレンジングを終わらせようとするあまりに、保湿を怠ったクレンジングは保湿スキンケアには適していないクレンジングです。
ですがスキンケアにのろのろしていてもダメなのがクレンジング。
最適な方法で最短で済ませるのがよいでしょう。

 

ポイントメイクは先に落としておくこと

 

まず保湿しながらクレンジングをしたいのなら、ポイントメイクを落としてからクレンジングをすることです。
アイメイクやリップクリームなどは落ちにくく、しかも色が濃いですね。
それに比べベースメイクはそれほど落としにくいものではありません。
ですからマスカラや濃いアイメイクをしているポイントメイクにはポイントリムーバーを使って先に落としておくことが原則としてあります。
その後、ベースメイクを落とします。
またクレンジング剤はできる限り少量かつスピーディに落とす必要があるので、保湿クレンジングをするのであれば、時間をかけず少量で洗いすぎないということが一番です。

 

クレンジングは油分ということを忘れずに

 

また保湿スキンケアで忘れてはいけないのが、クレンジングは油分であるということを忘れないことです。
ウォータープルーフのマスカラですら落とせるくらいなのですから、それは強力な洗浄力だと言えます。
そんなクレンジングを肌に乗せたまま時間を経過させると肌の油分まで奪われてしまいます。
また界面活性剤などが入っているクレンジングにも注意が必要で、体に悪いことで有名です。
洗顔後のすすぎに関してもぬるま湯だけでクレンジングの油分を落としきるのは難しいでしょう。
その後の洗顔によってぬるつきは取り去ることができますから、多少ぬるつく程度まではすすぎましょう。
そして基本ケアとしてしっかり泡の立った洗顔料で泡を転がすように洗顔します。
クレンジングをした手は一旦清潔に洗ってからでなければ洗顔料がうまく泡立ちませんから、その点は注意しましょう。
たっぷりの泡で包み込むように洗い、細かいところまで泡を入り込ませることでしっかり油分も取り去ることができ、なおかつ皮脂を残すことができます。